風呂嫌いは治るでしょうか?取り組んでいる工夫

子供の頃からお風呂嫌いだった私

私は風呂が苦手です。

 

そもそも入るのが面倒なら、長く入っているのはもっと苦手です。

 

いわゆる「カラスの行水」ですね。

 

 

風呂嫌いの始まりは小さい頃からですね。

 

親と一緒に入っているとなかなか出してもらえません。

 

中でよく数を数えさせられたの思い出します。

 

「50まで数えなさい」などと言われて、最初はゆっくり数え始めるのですが、だんだん早くなってきて、数え終わると一気に飛び出したものです。

 

お風呂好きの方が多い世の中

 

世の中には、風呂嫌いよりは風呂好きの方が圧倒的に多いようです。

 

私の妻も、私とは反対にお湯大好き人間です。

 

熱いお湯にあまりに長い時間入るので、私にすれば「これが同じ人間なのか」と思うくらいです。

 

私が出てくると「もう出てきたの。ほんとに入ったの?」などと疑いをかけられることもしばしばです。

 

風呂が嫌いな人間が理解できないようですね。

 

 

入浴は安らぎの場の筈なのに、私にとってはどちらかというと義務とか労働に近いですね。

 

だけど、やはり健康のことを考えるとお風呂にゆったり浸って、楽しみながら身も心もリフレッシュできればいいですね。

 

そういう人がうらやましいです。

 

 

そこで私も少しでも長く入れるように若干の工夫をしています。

 

お風呂嫌いが好きになるための工夫

 

1つは入浴剤です。

 

いろいろありますが、○○温泉の素などというのは、気分的には結構楽しめます。

 

もう1つは湯の温度です。

 

家族に合わせるのではなく、常に自分の最適な温度に設定することが大切ですね。

 

そして最後の手段は、子どもの時のように数を数えることでしょうか。

 

これは今も実践しています。

 

お風呂嫌いをお風呂好きに買える魅惑の入浴材 ⇒ アユーラ メディテーションバス 通販